FC2ブログ
ノルウェージャン・フォレスト・キャット,シフォンさんの日々を徒然に綴るページです.
2018年10月01日 (月) | 編集 |
小競り合いして、こんにちは!
2018100101a.jpg
説明書を見ながら「ピュアクリスタル」をセットしたいパパと
シフォンさんの戦いw

昨日は再度の血液検査のために獣医さんへ。
前回の検査でカルシウム値が高かったため、
1週間多めに水分摂取をして平常値に戻るかの検査です。
2018100102t.jpg

再検査の結果、残念ながら高値は変わらず。
「高カルシウム血症」の状態と診断されました。
11.9mg/dl以下が平常値で、
シフォンさんは16mg以上なので重度の値です。
2018100103tb_20180930230600740.jpg

ただの水分不足であってほしいと、
シフォンさんも飼い主も頑張りましたが、とても残念です。
2018100104t.jpg
この結果を受け、次は高カルシウム血症の病因となっている
疾患を探らなくてはなりません。
再度、多めに採血をして
血液センターに送り、詳しい検査をしてもらうことになりました。
結果が出るまで1週間から10日ほどかかるようです。

猫の高カルシウム血症の病因となるのは、
 ・腫瘍
 ・上皮小体亢進症
 ・腎不全
 ・アジソン病
 ・ビタミンD過剰摂取… などなど

他の検査値との総合判断から、上記の下3つは可能性が低く、
血液センターで上2つの可能性を探ってもらいます。
これらのどれでもなければ「特発性高カルシウム血症」という、
つまりは原因は不明だけどカルシウム値が高いというややこしい状態に。
2018100105t.jpg

どの結果が出ても「ああ良かった」とは思えないので、
何を願って待てばよいのか複雑な心境です。
でも検査をして、治療方針を立てて、と
とにかく1歩ずつ進んでいかなければいけません。

幸いシフォンさんは今なんの症状も出ておらず、元気いっぱい。
我が家の中で1番元気だとも言えます。
2018100106tb.jpg

動物たちは症状が出始めたら、あっという間に食欲がなくなり、
体重・体力も落ちてしまう。
そうなったらできる治療の範囲も狭まるし、
処置をしても回復に時間がかかってしまいます。

治療すべき疾患がどこかに隠れているのなら、
元気なうちに、有り余る食欲と体重があるうちに
できるだけの治療をして完治させてあげたいと思います。

とにかくいまは水分摂取も続けてもらい
楽しく元気にしていて欲しいと思っています。
2018100107tb.jpg

いいぞ!その調子!


↓みんなもいいぞ!って押してみて,シフォンのお願い!
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト