FC2ブログ
ノルウェージャン・フォレスト・キャット,シフォンさんの日々を徒然に綴るページです.
2014年06月15日 (日) | 編集 |
ポン・デ・リングの向こうから、こんにちは!
dyrepo1.jpg
今日のおやつは、ポン・デ・抹茶チョコです。

のんびりあくびして、お昼寝モードのシフォンさんですが、
今から掃除機をかけますからね。
dyrepo2_text.jpg

前々回の記事で、ダイソンに興味をもっている方が多かったので
1週間くらい使ってみての感想(と、シフォンさんの動向)をレポートします。

シフォンさんは、掃除中は常に1メートルくらいの距離をとって、掃除機を観察しています。
ダイソンは電動工具みたいな高い音がするので、聞きなれないのだと思います。
dyrepo3_text.jpg

ヘッドを小さいものに変えるとタワーのお掃除に便利です。
吸引力が強いので、何度もゴリゴリしなくてもすぐにきれいになります。
dyrepo4.jpg

さらに細かいところはノズルに変えれば完璧。
dyrepo5_text.jpg

そして振り返れば、作業を見つめるシフォンさん。
dyrepo6_text.jpg

寝室に置いてある大型の爪とぎも簡単にきれいになります。
…と、わざわざついてきて、遠くから観察中のシフォンさん。
dyrepo7_text.jpg

難点を言えば、掃除中スイッチをずっと押していないといけないので、指が疲れます。
それとこのスイッチがつい触りやすい位置にあるので、ヘッド交換のときなどに
うっかり触ってしまってキュィィン!となって、びっくりします。
dyrepo8_text.jpg

そしてお掃除が終了してゴミ捨てです。
下のふたがパカッと開いたら、ゴミがポンと落ちてくると思うでしょ?
dyrepo9_text.jpg

落ちやしません。
長毛猫の毛が絡まって綿状になっているので、手で引っ張りださねばなりません。
dyrepo10.jpg

さらにはモーターヘッドにも猫毛が絡まりついています。
そのためノズルに変えて、まさかの「ダイソンでダイソンを掃除する」状態になります。
dyrepo11.jpg
たぶんこのヘッド掃除を怠ると、ヘッドが動かなくなりそうな予感。
おそるべし換毛期の猫毛。

充電に入って音がしなくなると、シフォンさんは接近して偵察に入ります。
dyrepo12_text.jpg

そう言えばシフォンさんは「恐いから逃げちゃって出てこない」ということがありません。
嫌いなレイコップを使っているときも、わざわざ離れた部屋から見に来ます。
お客さんの場合も、一時退却はしますが、しばらくすると様子見に来ますね。
dyrepo13.jpg

好奇心が強いのと、相手の戦闘能力を知ろうとする戦う本能みたいなものでしょうか。
dyrepo14_text.jpg

その前に猫毛で壊れないようにしなきゃ。


↓みんなも壊さないで押してみて,シフォンのお願い!
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト